線種設定

線種設定

ベクターワークスの線種の設定は、「属性パレット」で指定します。
属性パレット」は、「ウインドウ」メニューの 「パレット」の「属性パレット」で表示させることができます。

線種設定では線の太さと線の種類、線の色を指定できます。


また、面を持つ図形などでは、その線を表示させたくない場合や、
面と同じ色や模様にしたい場合がありますが、
これらのような場合も属性パレットの線種設定で操作をします。


クラスについて

ベクターワークスにはレイヤの他にクラスという機能があります。
第2レイヤのような存在です。

線や図形をその属性に合わせてクラス設定をしておくと、
線種などをその都度指定しなくてもクラスに準ずるようになりとても便利です。


クラスの設定はレイヤの設定と似ています。


ベクターワークスのクラス設定は「ツール」メニューの「オーガナイザ」をクリックし、
表示された「オーガナイザ」ダイアログ内の「クラス」タブを選択します。
以降の細かい設定方法はレイヤ設定を参考にして設定して下さい。


線の太さの設定

さて、次に、線の太さなどを指定する場合に、
選択できる太さに希望の太さが無い時の対応を説明します。


このような場合は、「属性」パレットの線種を選択できるボタンをクリックし、
一番上に表示される「線の太さ...」を選択します。

表示された「線の太さ」ダイアログで線の太さを指定します。

よく使う線の太さを属性パレットに設定しておきたい場合は、
ツール」メニュー内の「オプション」の「線の太さ...」を選択して設定を行います。


線の太さと実際の画面を合わせる

ベクターワークスの作業画面は、プリントアウトされる図面のイメージを
表示していますので、非常に直感的な作業が行えます。

この時、よりイメージを確かなものにしたい場合は、「ツール」メニュー内の
「オプション」の「環境設定...」をクリックし、表示された「環境設定」ダイアログの
画面」タブ内で「拡大時に線の太さを表示」にチェックを入れます。

しかし、正確な作図を行うには、逆に、このチェックをはずしておくとよいでしょう。

▼ベクターワークスの参考書籍・マニュアルをお探しの方はこちら


▼ベクターワークスの使い方を学びたい方はこちら(資料請求は無料です♪)



ベクターワークスの基礎から実践レベルまで習得できる
東京デザインプレックス研究所(CAD/3DCGデザイン)



サイトマップ