寸法設定

寸法設定

ベクターワークスにおいて、寸法を記入する際の設定は、
ファイル」メニューの「書類設定」で「画面/寸法/解像度...」で行います。


【「寸法のカスタマイズ」ダイアログ】


表示されたダイアログで、寸法の規格スラッシュマーカーの太さを指定します。


希望する規格がない場合は、カスタマイズで新規寸法規格を作成しましょう。
作成方法は「寸法」の項で説明しているので参考にしてください。


【「自動寸法の表示形式」ダイアログ】


カスタマイズでは寸法線や引出線の長さや文字の離れ、
文字方向、マーカーの種類が設定できます。

作成した後は、寸法を図面で入力してみて微調整を行います。

微調整は作成した寸法規格を「寸法のカスタマイズ」ダイアログで選択し、
編集...」ボタンをクリックして寸法線のカスタマイズで行います。


寸法規格を呼び出す

また、別のファイルで作成した寸法規格を呼び出すことも可能です。


カスタマイズを行うときと同じように
「ファイル」メニューの「書類設定」で「画面/寸法/解像度...」で行います。

表示されたダイアログの「寸法」タブを選択し「カスタマイズ...」をクリックします。
ここまでは新規で寸法規格をカスタマイズするのと同じです。

寸法のカスタマイズ」ダイアログで「取り込み...」をクリックします。
取り込みたい寸法規格があるファイルを選択することで、取り込むことができます。


また、取り込みたい寸法をコピーアンドペーストすることで取り込むこともできます。

その際、同じ名称でも設定が異なっていると、
取り込んだファイルに準じた設定になるので注意が必要です。

▼ベクターワークスの参考書籍・マニュアルをお探しの方はこちら


▼ベクターワークスの使い方を学びたい方はこちら(資料請求は無料です♪)



ベクターワークスの基礎から実践レベルまで習得できる
東京デザインプレックス研究所(CAD/3DCGデザイン)



サイトマップ