レイヤー設定

レイヤー設定

図面を一枚仕上げると、数多くの様々な線や図形が交錯します。

このような状況で例えば壁の線を太くしたい時、壁の線だけを選択するのは難しくなります。


こういう時に、レイヤーは線や図形の要素ごとに分けておくことで修正が行い易くなります。
概ね「通り芯」「壁」「建具」「文字」「寸法」などと分けるとよいでしょう。

あまり細かく分けすぎても作業が煩雑となってしまい効率が悪くなります。
適度なレイヤー構成を考えて作業をしましょう。


レイヤー設定のやり方

レイヤーの設定は、「ツール」メニュー内「オーガナイザ...
または画面右上のレイヤーボタンの「レイヤ...」から「オーガナイザ」ダイアログを表示させます。

次に、「オーガナイザ」ダイアログの「デザインレイヤ」タブをクリックします。


【「オーガナイザ」ダイアログ/「デザインレイヤ」タブ】


ここでは、レイヤの構成を設定していくことができます。

新規にレイヤを作成する場合は、
新規...」ボタンをクリックしてレイヤ名を入力して作成します。


縮尺やレイヤの透明度を指定するときは、
指定したいレイヤを選択した後「編集...」ボタンをクリックします。

ここではレイヤの表示順も指定できます。
指定したいレイヤをダブルクリックしても編集画面を表示させることができます。


レイヤの内容をコピーして使いたい場合は、コピーしたいレイヤを選択した後に
複製...」をクリックすると、複製されたレイヤが作成されます。

不要なレイヤは「削除...」をクリックすることで削除できます。
ただし、レイヤに含まれている情報も削除されてしまうので注意してください。


レイヤの順番は、レイヤが一覧になっている画面の前後関係の数字を
ドラッグすることでも入れ替えることができます。

ビジュアル的に認識しやすいので、この方法を覚えておくと良いでしょう。

▼ベクターワークスの参考書籍・マニュアルをお探しの方はこちら


▼ベクターワークスの使い方を学びたい方はこちら(資料請求は無料です♪)



ベクターワークスの基礎から実践レベルまで習得できる
東京デザインプレックス研究所(CAD/3DCGデザイン)



サイトマップ