書類設定

書類設定

ベクターワークスの書類設定では、画面の設定や寸法、
解像度、縮尺や単位、破線の設定などを行うことができます。

書類設定は「ファイル」メニュー内「書類設定」のそれぞれの項目で行います。


書類設定の項目について

書類設定の各項目について解説します。


「画面/寸法/解像度」

画面タブでは白黒画面表示やカラーレイヤを設定できます。
寸法タブでは寸法設定を行うことができます。
設定については寸法設定の項を参照してください。

解像度タブでは回転文字やビットマップ、PDF出力時の解像度を設定できます。


「縮尺」

図面の縮尺を設定できます。
希望の縮尺を選択できる他、数値入力で縮尺を指定することができます。
数値入力はダイアログの右下の数値を入力できる枠の中に数値を入力します。

ベクターワークスではレイヤごとに縮尺を設定することもできます。
ここで設定する縮尺はこのファイルで使用される主な縮尺を指定しましょう。

部分的に縮尺を変えたい場合などにレイヤ設定でそのレイヤの縮尺を設定しましょう。
設定方法はレイヤ設定の項を参照してください。


「単位」

主単位タブでは、長さ/面積/体積の単位や精度を設定することができます。
寸法単位タブでは、寸法の単位や数値の丸め方、精度を設定することができます。


「カラーパレット」

属性パレットで選択できる色の種類を設定することができます。
色指定ボタンをクリックするとカラーホイールが表示され自由に色を選択することができます。


「破線の間隔」

破線の種類を設定することができます。
ダイアログに表示されるバーを調整することでオリジナルの破線を作成することもできます。


「模様」

属性パレットで選択できる模様の種類を設定することができます。

▼ベクターワークスの参考書籍・マニュアルをお探しの方はこちら


▼ベクターワークスの使い方を学びたい方はこちら(資料請求は無料です♪)



ベクターワークスの基礎から実践レベルまで習得できる
東京デザインプレックス研究所(CAD/3DCGデザイン)



サイトマップ