描画設定

描画設定

ベクターワークスで描画の設定を行うには、
VectorWorks」メニュー内の「環境設定...」を選択します。

表示された「環境設定」ダイアログの「描画」タブをクリックすると設定を行うことができます。


作図をしていて、何かの原因でいつもできていた操作ができなくなったら、
この「環境設定」ダイアログを表示させてみましょう。


意図せずショートカットキーを押してしまい、
設定が変更されてしまったということは多々起きます。


そこで、「描画」タブの中で設定をするのですが、
よく設定する項目が下記の項目なので、覚えておいて下さい。

  • 「クリックードラッグ描画」
  • 「アクティブポイントを8個表示」
  • 「ずれを伴う複製」

また、スクリーンヒントのチェックボックスには、
チェックをいれておくと細かい操作のヒントを表示してくれるため便利です。


作業画面の設定方法

また描画設定ではありませんが、作業画面の設定方法も説明しておきます。
設定方法は、「ツール」メニュー内「作業画面」の「クラシック」で設定が変更されます。

古いバージョンのベクターワークスに慣れていて、ツールバーなどの配置に慣れない方は、
ここで設定すると、いつもの作業画面になります。

バージョンは更新されていくものなので、作業方法も随時更新していくようにしましょう。
使い慣れていると言って、いつまでも作業方法を更新しないと取り残されてしまいます。


メニューに表示される項目が、ここで説明しているのと異なっていることにお気づきですか?


バージョンアップしたのに使いにくくなったということはよく耳にしますが、
使いにくいのではなく新しい操作に慣れていないというだけです。

作業方法もこまめにバージョンアップするようにしましょう。

▼ベクターワークスの参考書籍・マニュアルをお探しの方はこちら


▼ベクターワークスの使い方を学びたい方はこちら(資料請求は無料です♪)



ベクターワークスの基礎から実践レベルまで習得できる
東京デザインプレックス研究所(CAD/3DCGデザイン)



サイトマップ