各種作図設定について

サイトマップ

ツールバー

ツールバーの設定方法について解説します。AutoCADはコマンドラインをメインにCAD操作をしますが、ベクターワークスではコマンド指定はツールバーがメインになります。
>>ツールバーの全文を読む

線種設定

線種の設定は、属性パレットから行う事ができます。線の太さと線の種類、線の色を指定できます。また、ベクターワークスにはレイヤの他に第2レイヤのようなクラスがありますが、その設定方法についても解説します。
>>線種設定の全文を読む

寸法設定

vectorworksの寸法を記入する際の寸法設定について解説します。寸法線や引出線の長さや文字の離れ、文字方向、マーカーの種類などが設定できます。別ファイルで作成した寸法規格の呼び出しもできます。
>>寸法設定の全文を読む

レイヤー設定

レイヤー設定のやり方について説明します。レイヤの構成や縮尺、透明度、順番などをこの設定で行うことができます。
>>レイヤー設定の全文を読む

用紙設定

作図したCAD図面を印刷する時には、はじめに用紙設定の項目から設定を行いましょう。用紙のサイズや大きさ、向き、プリンタドライバの設定など、ここから行うことができます。
>>用紙設定の全文を読む

書類設定

ベクターワークスの書類設定について。ここでは、画面の設定や寸法、解像度、縮尺や単位、破線の間隔、模様の設定などを行います。
>>書類設定の全文を読む

描画設定

ベクターワークスで描画の設定は、環境設定のダイアログから設定します。間違ってショートカットキーをクリックして設定変更されたなどよくあることなので、覚えておきましょう。また、作業画面の設定方法も説明します。
>>描画設定の全文を読む

画面設定

ベクターワークスでの画面設定として、作業画面の背景色の変更方法や解像度の設定方法を解説します。また、ここで設定した画面設定を登録する方法も解説します。
>>画面設定の全文を読む