取り込む・取り出し

取り込む・取り出し

ファイル形式が違う図面で互換性のあるファイルを開いたり、
ファイル形式の違うファイルに保存したりする操作方法の説明をします。

取り込む

ファイル形式がベクターワークス以外のファイルを開く場合は、
「ファイル」メニューの「取り込む」の中の「DXF/DWG...」を選択します。
(ここではDXF形式のファイルを開く場合を例とします)


【「ファイル」メニューの「取り込む」の中の「DXF/DWG...」を選択】


取り込みDXF/DWG」ダイアログが表示されます。


【「取り込みDXF/DWG」ダイアログ】


ファイル毎に開くことも、フォルダ毎に開くこともできます。
ファイルを選択...」ボタンをクリックして、開きたいファイルを選択します。

取り込み先は「新規ファイル作成」のボタンを選びます。


開いているファイルに取り込むことももちろん可能ですが、
レイヤが自動的に作成されてしまい余計な作業が増えてしまいますので注意しましょう。


取り込み設定では作業に応じた詳細な設定をカスタマイズすることができます。

OK」ボタンをクリックすると、DXFファイルがベクターワークス形式のファイルとして開きます。
未保存状態なので、保存をしてから作業を続けます。

取り出し

ベクターワークス以外のファイル形式で保存したい場合、
あるいはバージョンを落として保存したい場合は、
ファイル」メニューの「取り出し」の中の「DXF/DWG...」を選択しましょう。
(ここではDXF形式のファイルとして保存する場合を例とします)


【「ファイル」メニューの「取り出し」の中の「DXF/DWG...」を選択】


下記のように、「DXF/DWGの取り出し」ダイアログが表示されます。


【「DXF/DWGの取り出し」ダイアログ】


ファイル形式で希望の形式を指定します。

クラス/レイヤ変換、縮尺など希望の項目にチェックをいれて指定します。
「OK」ボタンをクリックし、表示された画面で保存先を指定して保存します。

▼ベクターワークスの参考書籍・マニュアルをお探しの方はこちら


▼ベクターワークスの使い方を学びたい方はこちら(資料請求は無料です♪)



ベクターワークスの基礎から実践レベルまで習得できる
東京デザインプレックス研究所(CAD/3DCGデザイン)



サイトマップ