保存形式

保存形式

作成した図面の保存方法を説明をします。

保存する形式はいくつかありますので、
保存したい内容によって使い分けをしましょう。


新規保存、あるいは上書き保存をしたい場合は、
下記のように画面上部の「ファイル」メニューの「保存」を選択しましょう。

上書き保存のは「command+Sキー」がショートカットキーです。

上書き保存の場合はこれで終わりです。


【「ファイル」メニューの「保存」を選択すれば上書き保存されます】


保存したいフォルダがない場合は、
新規フォルダ」ボタンをクリックしてフォルダを作成します。
そのまま「保存」ボタンをクリックすると保存されます。


上書き保存をしたくない場合は、
画面上部の「ファイル」メニューの「別名で保存」を選択します。

保存:VectorWorks」ダイアログが開きますので、
新規保存と同様にファイル名を入力して保存します。

テンプレート保存について

図面の帯などよく使う図面の規格を保存しておきたい場合は、
「テンプレート保存」の機能を使うと便利です。


保存する先はアプリケーション、ベクターワークスフォルダ内にある
Templates」に保存すると、テンプレートファイルとして保存されます。


【「アプリケーション」→「VectorWorks」→「Templates」の画面】


テンプレートファイルは図面に描かれた内容はもちろん、
縮尺なども保存されるので、よく使う内容はフォーマットにして、
テンプレート保存するととても便利で作業の効率があがります。


なお、ベクターワークス形式ではなく、他のファイル形式で保存したい場合は、
取り出す」という操作によって保存が出来ます。

▼ベクターワークスの参考書籍・マニュアルをお探しの方はこちら


▼ベクターワークスの使い方を学びたい方はこちら(資料請求は無料です♪)



ベクターワークスの基礎から実践レベルまで習得できる
東京デザインプレックス研究所(CAD/3DCGデザイン)



サイトマップ