縮尺

縮尺

ここでは図面の縮尺を設定する方法を説明します。


縮尺を設定したい図面を開きます。
画面上部の「ファイル」メニューの「書類設定」の中の「縮尺」を選択します。


【「ファイル」メニューの書式設定より「縮尺」を選択しましょう】


次に、表示された「縮尺」ダイアログより希望の縮尺を選択します。


【縮尺ダイアログの画面です】


希望の縮尺がない場合は、
テキストボックスに数字を入力して縮尺を指定することもできます。


選択あるいはテキスト入力し指定した縮尺を、
全レイヤに反映したい場合は「全レイヤ」にチェックします。

また、文字のサイズを縮尺に連動させたい場合は、
スケールテキスト」にチェックをします。

OKをクリックすると指定した縮尺の画面となり作業をすることができます。

レイヤごとに縮尺を設定する方法

ベクターワークスでは、レイヤ毎に縮尺を指定することも可能です。


ツール」メニューの「オーガナイザ」を選択します。


【「ツール」メニューの「オーガナイザ」を選択した画面】


オーガナイザダイアログが表示されたら、「デザインレイヤ」タブをクリックします。


すると、下記画面が表示されますが、
詳細設定」ボタンをクリックすると、レイヤの一覧が表示されます。
表示設定」ボタンをクリックしても表示形式が違うだけで大丈夫です。


【「オーガナイザ」ダイアログの画面】


指定したいレイヤをダブルクリックすると、
デザインレイヤの編集」ダイアログが表示されます。

縮尺...」ボタンをクリックすると前述の「縮尺」ダイアログが表示されます。
ここで希望の縮尺を指定し「OK」をクリックします。

このようにしてレイヤ毎に縮尺を指定していくことができます。


ただし、異なるレイヤでも縮尺が同一の場合、スナップなどが有効ですが、
縮尺が異なるとスナップ等は効かなくなりますので、注意しましょう。

▼ベクターワークスの参考書籍・マニュアルをお探しの方はこちら


▼ベクターワークスの使い方を学びたい方はこちら(資料請求は無料です♪)



ベクターワークスの基礎から実践レベルまで習得できる
東京デザインプレックス研究所(CAD/3DCGデザイン)



サイトマップ