図面の新規作成

図面の新規作成

新規に図面作成する操作方法の説明をします。


まず始めに、ベクターワークスを起動します。
起動したら画面上部の「ファイル」メニューの「新規...」を選択します。


【「ファイル」メニューの「新規...」を選択】


次に表示された「用紙の作成」ダイアログより「新規に作成」を選択します。


【「用紙の作成」ダイアログ/「新規に作成」】


画面には新しい「名称未設定」ファイルが表示され作業を始めることができます。


ここで作業を始めてしまう前に、まずは
必ずファイルに名前を付けて保存するようにしましょう。

どんなソフトでも言えることですがこまめに保存する習慣をつけておくことが大切です。

テンプレートファイルから新規作成する場合

また、あらかじめ保存されているテンプレートファイルから、
書類を作成することもできます。

これは、図面の帯やフォーマットなどよく使う図面の規格を登録しておき、
それを使って作業を始める場合に便利です。


先ほどの新規作成と同様に、「ファイル」メニューの「新規・・・」を選択します。
表示された「用紙の作成」ダイアログにて「テンプレートを使用」をクリックします。


【「用紙の作成」ダイアログ/「テンプレートを使用」】


表示されたファイルの中から作成に使いたいファイルを選択します。

選択したテンプレートファイルが「名称未設定」ファイルとして開かれ、
作業を始めることができます。

ここでも同様に、作業を始める前に保存をしましょう。


テンプレートファイルは、図面の帯などだけでなく用紙のサイズ、縮尺など、
なんでも登録しておくと作業が始めやすくて便利です。


なお、新規作成のショートカットキーとして「command+Nキー」が割り当てられています。
ショートカットキーもたくさん覚えておくと作業スピードが短縮できてはかどります。

▼ベクターワークスの参考書籍・マニュアルをお探しの方はこちら


▼ベクターワークスの使い方を学びたい方はこちら(資料請求は無料です♪)



ベクターワークスの基礎から実践レベルまで習得できる
東京デザインプレックス研究所(CAD/3DCGデザイン)



サイトマップ