拡張子

拡張子

インターネットからダウンロードしたデータを使って、
作図を行うと作業効率が格段と高まります。

何でも一から作業しようと考えず、楽できるところは楽をして、
力を入れて入力するところに時間を与えられるようにしましょう。


そのためには、拡張子の知識が少し必要です。


CADといっても様々な種類のソフトが存在します。
それらは少しずつデータ形式が異なっています。
それらの違いは、ファイル名の後ろにある拡張子で見分けることができます。

たとえば、ポピュラーなところでは、
JW-CADの「.jwc」「.jww」や、AutoCADの「.dwg」などでしょう。
ベクターワークスの書類の拡張子は「.mcd」です。


そして、違うソフトで作成されたデータを使って作業を進めたい場合、
大変便利なのが「.dxf」形式です。

「.dxf」は、さまざまなCADソフトで認識できる共通のデータ形式です。


DXFデータとPDFデータ

図面データを送ったり、受け取ったりする際に、
相手と異なるCADソフトでは開くことができません。

そのような場合に、DXFにデータを変換することで、
お互いがデータを交換することができるのです。


しかし、DXFに変換されたデータは、図形情報を認識することに主眼がもたれており、
文字が正しく表示されなかったりするので、多少の修正が必要です。

図面を交換する場合は、DXFデータだけではなく、
出力したイメージがわかるPDFデータも添えると間違いがありません。

PDFデータを見ながらDXFで正しく表示されていない部分を修正できるからです。


また、ダウンロードしたデータが開けない場合は、ファイル名に拡張子を書き加えることで、
稀に開けることがありますので覚えておくと良いでしょう。

▼ベクターワークスの参考書籍・マニュアルをお探しの方はこちら


▼ベクターワークスの使い方を学びたい方はこちら(資料請求は無料です♪)



ベクターワークスの基礎から実践レベルまで習得できる
東京デザインプレックス研究所(CAD/3DCGデザイン)



サイトマップ