pdf変換

pdf変換

CAD図面データを配布する際に、相手先がCADソフトを持っていない場合などは、
pdfに変換して配布すると親切ですね。

pdfファイルを閲覧するためには閲覧ソフトが必要ですが、無料でダウンロードできます。
最新のパソコンでは、pdfファイルが閲覧できるソフトが予めインストールされています。


ベクターワークスで作図したCADのファイルをpdf変換するのは、
ファイル」メニューの「取り出す...」から行うことができます。


また、「ファイル」メニュー「プリント...」からもpdfにすることができます。


【「プリント」ダイアログ】


プリント」ダイアログの左下にある「pdf」ボタンをクリックして、
pdf保存」を選択し、ファイル名を指定するだけです。


プレゼンテーション用にも

pdfファイルでは作図操作はできません。あくまでも閲覧するだけです。

ベクターワークスで作図したCADデータを、DXFに変換して相手先に配布する場合は、
文字などが正しく表示されない場合が多く、PDFデータを一緒に配布すると間違いがなくて安全です。


また、図面の中に取り込んだ画像も、他の図形と同様にPDFに変換できますので、
簡単なプレゼンテーション用の資料を作成する際も、ベクターワークスは有効です。


このことから、ベクターワークスでは計画初期の段階から実施設計まで、
設計に関わるあらゆるシーンで一環して作業が行えるという利点があります。

そのためにも図面交換の操作方法や、図面の変換方法など、
他とのやりとりに対し様々な方法で対応できるように心がけておきましょう。

▼ベクターワークスの参考書籍・マニュアルをお探しの方はこちら


▼ベクターワークスの使い方を学びたい方はこちら(資料請求は無料です♪)



ベクターワークスの基礎から実践レベルまで習得できる
東京デザインプレックス研究所(CAD/3DCGデザイン)



サイトマップ