dxf変換

dxf変換

一つの図面を仕上げるのに、全てを入力していくのは大変な労力と時間の掛かる作業です。

例えば住宅設計図の平面図ならば、サッシや家具、便器などの設備衛生機器など、
それを入力するだけで時間がかかってしまい、なかなか作業が捗りませんよね。


CADのメリットと言えば、コピーで図形を貼付け可能なこと、
下書きが清書の仕上がりで作成できること、修正がスピーディーに行える点などです。

これらの利点を活かしながら作業を進めることが、実際のCAD製図では重要です。

ですので、先に挙げた家具や什器などは、
一から入力するのではなく、コピーしてどんどん貼付けていきましょう。


サッシや便器などはそれぞれメーカーがホームページでデータを配布しています。

また、ポピュラーな家具や添景に使う人や車などのデータも
インターネット上を探せば、無料でデータをダウンロードできるものも多いです。


しかし、こうしたCADデータはベクターワークスでは「.mcd」の拡張子がついたものは、
そのままデータを開けられますが、それ以外のファイル形式では開くことができませんよね。

そんな時に、使いたいのが「取り込む」という操作で、
この「取り込む」を使えば、幾つかの種類のデータを読み込むことが可能です。


dxfデータに変換

様々なCADソフトが流通する社会で、データ交換をしやすくするため
広く共通に読み込めるデータ形式として「.dxf」というファイル形式があります。

ファイル交換を行う場合で、お互いが違うソフトで作業をしている場合は、
「DXF」にデータを変換しやり取りするのがよいでしょう。


ベクターワークスのデータを「.dxfデータ」に変換するには、
ファイル」メニュー内「取り出す」の「DXF/DWG」を選択します。


【「用紙設定」ダイアログ】


表示されたダイアログ左上でDXFを選択することで、DXF変換を行うことができます。


逆にDXFデータを読み込む時は、
ファイル」メニュー内「取り込む」の「DXF/DWG」を選択します。

ただし、DXFに変換されたデータは文字が正しく表示されなかったりするので、多少の修正が必要です。

▼ベクターワークスの参考書籍・マニュアルをお探しの方はこちら


▼通信講座でCADを学びたい方はこちら



★ベクターワークスの使い方を学べる通信講座の一覧を見る



サイトマップ