矩形

矩形

べクターワークスでは、面をもった矩形を作成することができます。

入力方法は四角形ツールを使います。
任意の点でクリックし、別の任意の点で再クリックすることで矩形を作成します。


数値入力を行うことも可能です。
数値入力の方法は、他の図形と同様にツールボタンをダブルクリックして行います。


【四角形ツールボタンをダブルクリック】


表示された「生成」ダイアログに数値を入力していきます。


【「生成」ダイアログのXとYの部分でに数値を入力】



ここでは、配置したい位置でクリックするか、XY座標で配置位置を指定すればOKです。

図形を隠す

面をもった矩形なので、図形の前後関係で矩形を最前にすると、
その下にある図形を隠すこともできます。

面を表示させたくない場合は、「属性パレット」の面を
なし」とすることで面をもたなくなります。
(正確には透明な面ということになります)


【「属性パレット」選択ボタンをクリックアンドドラッグで面を「なし」とする】


分解と合成

面を4本の独立した線分だけの矩形にしたい場合は、
矩形を入力した後に、「加工」メニューの「線分に分解」を選択します。


【「加工」メニューの「線分に分解」を選択】


逆に、4本の線分から矩形を生成したい場合は、「加工」メニューの
線分に合成」を選択することで、面をもった矩形を作成することができます。


【「加工」メニューの「線分に合成」を選択】


斜め四角形ツールについて

そのほか、斜め四角形ツールでは、自由角度の矩形を入力できます。

入力方法は四角形ツールと同様に、クリック操作で任意の位置で入力するか、
ツールボタンをダブルクリックして数値入力で作成します。

▼ベクターワークスの参考書籍・マニュアルをお探しの方はこちら


▼ベクターワークスの使い方を学びたい方はこちら(資料請求は無料です♪)



ベクターワークスの基礎から実践レベルまで習得できる
東京デザインプレックス研究所(CAD/3DCGデザイン)



サイトマップ