ベクターワークスで、円の作図は長円ツールを使って入力を行います。
長円ツールでは楕円と正円を入力することができます。


まず、正円の入力方法から説明します。
入力方法は、下記の4種類のモードから選択します。

モードの選択は画面左上付近にあるモード選択ボタンで行います。

半径による円作成モード
「半径による円作成モード」は、円の中心を指定してから円を作成する操作です。

直径による円作成モード
「直径による円作成モード」は、円周上の任意の点を指定してから円を作成する操作。

3点を通る円作成モード
「3点を通る円作成モード」は、円周上の任意の3点を指定してから円を作成する操作。

3線から円モード
「3線から円モード」は、3本の線に内接する円を作成する操作。


【各モードのボタンで入力方法を選択】


いずれも任意の点でクリックし、任意の点で再クリックで入力が出来ます。

数値入力を使った円の作図

数値入力を行いたい場合は、まず、パレット上の「長円ツール」をダブルクリックします。


【ツールボタンをダブルクリック】


すると、下記のように「生成」ダイアログが表示されます。


【「生成」ダイアログで数値を入力】

この画面上で、作成したい円を数値入力することもできます。


楕円の入力

楕円の入力も正円の操作と同様に行います。
楕円の場合は内接する矩形の交点をクリックし、対角線上反対側の交点を再クリックで入力をします。

数値入力したい場合は、正円の数値入力同様「長円ツール」をダブルクリックして「生成ダイアログ」指定します。

▼ベクターワークスの参考書籍・マニュアルをお探しの方はこちら


▼ベクターワークスの使い方を学びたい方はこちら(資料請求は無料です♪)



ベクターワークスの基礎から実践レベルまで習得できる
東京デザインプレックス研究所(CAD/3DCGデザイン)



サイトマップ