ベクターワークスでの直線の入力方法曲線の入力方法を説明します。


まず、直線の描き方としては、直線コマンドをクリックし、
任意の点でクリックし別の任意の点でクリックすると入力することができます。

画面左上の「固定角度直線」と「任意角度直線」の
ボタンの切り替えによって、角度を固定することが出来ます。


【「固定角度直線」ボタンと「任意角度直線」ボタン】


上記画像の+や\のボタンがそれぞれのボタンです。


また、スナップ機能を使うと、図形の端点や中心点から線を入力することもできます。
スナップするポイントの選択はスナップパレットを使います。


【ウィンドウメニューの「パレット」の中にある「スナップパレット」を選択】


スナップパレットを表示させるには「ウィンドウ」メニューの
パレット」の中にある「スナップパレット」を選択します。

設計業務などの仕事を行う上で、正確に図形の端点を取りたい時などは、
スナップ機能を使って作業を行うのが良いでしょう。

曲線の入力方法

次に、曲線の方ですが、曲線コマンドをクリックした後、任意の点でクリックし、
別のもう一点(任意の点)でクリックすると入力することができます。

直線の場合とで違うのは、下記の項目があることです。

  • ベジェポイント指定による入力
  • キュービックスプラインポイント指定による入力
  • 円弧指定による入力


【曲線各種の「指定入力」ボタン】


これらの入力方法の違いには慣れが必要なので、色々入力して試してみましょう。

ダブルライン入力とフリーハンド入力

では最後に、直線と曲線のそれぞれの補足として、
ダブルライン入力フリーハンド入力を説明しましょう。


まず、ダブルラインの方は、直線間の距離をあらかじめ設定しておくことで、
一回の操作で平行な直線を入力ができるという機能です。

入力方法は、直線の場合と同様に「固定角度」と「自由角度」の入力がありますので、
ボタンで選び、そしてドラッグモードを選択し、幅やオフセット距離を設定します。


【角度指定ボタン/ドラッグモード/設定ボタン】


【「ダブルラインの設定」ダイアログ】


次に、フリーハンドの方ですが、こちらは任意の点でクリックした後、
マウスの動きに追従して線を入力する方法です。

入力した線を補正する場合はボタンを使用します。
線の滑らかさは「フリーハンドツールの設定」ボタンであらかじめ設定しておきます。


【フリーハンド設定ボタン】


また、パレット上のそれぞれのツールボタンをダブルクリックすると、
生成」ダイアログが表示されて、作成したい線を数値入力することができます。


【ツールボタンをダブルクリック】



【「生成」ダイアログで数値を入力します】


数値を入力することで、細かな直線を作図する事が可能です。

▼ベクターワークスの参考書籍・マニュアルをお探しの方はこちら


▼通信講座でCADを学びたい方はこちら



★ベクターワークスの使い方を学べる通信講座の一覧を見る



サイトマップ