スナップ

スナップ

作図の作業を進める中で、図形の端から線を入力したい場合などがあります。
ベクターワークスでのCAD作図の基本動作なのでここで説明します。

図形の端点や中点などにカーソルを自動的に合わせることをスナップといいます。
スナップポイントをシーンに合わせて設定することもできます。


スナップの種類には、下記の種類があります。

  • 「グリッドスナップ」
  • 「図形スナップ」
  • 「角度スナップ」
  • 「交点スナップ」
  • 「角度延長スナップ」
  • 「定点
  • 「表面(平行、鉛直)スナップ」
  • 「接線スナップ」

スナップの切り替えは「ウインドウ」メニュー内の
「パレット」の「スナップパレット」を表示させて行います。


【「スナップパレット」】


それぞれダブルクリックすると、スナップの詳細な設定を行うことができます。


延長線

中でも是非設定しておいたほうが良いのは、
角度スナップをダブルクリックして表示されるダイアログで「延長線」というコマンドです。


このチェックボックスにチェックを入れると、線分の端点にカーソルを置いて
特定方向にカーソルが位置すると、その角度のヒントを表示してくれます。

作図をしていると、このような気の利いたヒントが効率をあげる手助けをしてくれます。


また、用紙にグリッドを表示させてグリッドにスナップする操作もあります。
グリッドサイズは自由に設定できます。

設定するには「ツール」メニュー内「グリッド設定...」で行います。


【「デザインレイヤのグリッド設定」ダイアログ】


グリッドは印刷することも可能ですが、通常は印刷しません。

▼ベクターワークスの参考書籍・マニュアルをお探しの方はこちら


▼ベクターワークスの使い方を学びたい方はこちら(資料請求は無料です♪)



ベクターワークスの基礎から実践レベルまで習得できる
東京デザインプレックス研究所(CAD/3DCGデザイン)



サイトマップ