作業の取り消し

作業の取り消し

ひとつの作業を取り消すには、「編集」メニューの「取り消し」を選択します。
それを繰り返すことでそれ以前の作業を取り消すことができます。


よく使用する操作なのでショートカットキーも覚えておきましょう。
作業の取り消しのショートカットキーは「commandキー+Z」です。

反対に取り消しをやり直したい場合は、「編集」メニューの「やり直し」を選択します。
同様にショートカットキーは「commandキー+Y」です。


これらのショートカットは、「commandキー+S」の保存や「commandキー+C」のコピー等と並んで、
CADに限らず他のソフトでも共通のことが多いので身につけておくと便利です。


VectorWorksのショートカットキー一覧

ショートカットキーの覚え方は、概ねその操作の頭文字から取られている事が多く、
それを覚えておくと覚えやすいでしょう。

  • commandキー+N:New/新規
  • commandキー+O:Open/開く
  • commandキー+A:All/すべて選択
  • commandキー+Q:Quiet/ソフトを終了
  • commandキー+S:Save/保存
  • commandキー+C:Copy/コピー
  • commandキー+P:Print/プリント

なお、ペーストはPasteですが、PはPrintで使われているため
ベーストとなってしまったのでしょう。

このように見ると、キーボードの左側にショートカットキーが多く配置されています。
右手はマウス、左手はショートカットが行いやすいように設計されているのでしょう。


左手のポジションは、commandキー+と「S」に構えるのが基本です。

ひとつひとつの作業ごとにcommandキー+Sを行えば、
コンピュータがフリーズしてもとりあえずは安心です。


取り消すことができる回数は「VectorWorks」メニューの「環境設定...」を選択して
表示される「環境設定」ダイアログ内「その他」タブで設定することができます。

▼ベクターワークスの参考書籍・マニュアルをお探しの方はこちら


▼ベクターワークスの使い方を学びたい方はこちら(資料請求は無料です♪)



ベクターワークスの基礎から実践レベルまで習得できる
東京デザインプレックス研究所(CAD/3DCGデザイン)



サイトマップ