ダブルライン

ダブルライン

図面で壁を入力したり、材料の断面を入力したりする時には、
よく平行する2本の直線を入力しますね。

このような作業は1本づつ直線を入力するのではなく、
ダブルラインを使って入力すると効率的です。


CADの操作では、同じ図形を入力するのに幾つかの方法が必ずあります。
効率的に入力を行っていくには、その手数を減らす知識と経験が必要です。

例えば、この平行線にしても・・・

  • ダブルラインで入力する方法
  • 1本の直線を入力後オフセットで2本の平行線を入力する方法
  • 四角形を入力後に四角形を線分に分解し、不要な2本を削除し残った2本で平行線を構築する方法

このように、様々です。


1工程に1秒の効率の差でも、1枚の図面を仕上げるとなると、
その差は大きくなることは容易に想像できますね。

ですので、入力するシーンによって効率的な方法を選ぶように心がけていきましょう。


ダブルラインを使った作図のやり方

パレットの中からダブルラインを選択します。
すると、画面左上にモードボタンが表示されました。

「固定角度ダブルラインモード」「自由角度ダブルラインモード」では、
ダブルラインの入力を、水平垂直による入力か角度を固定しない入力かを選びます。


その横のモードボタンではドラッグ方法を選ぶことができます。
ドラッグした仮想線からどのような距離でダブルラインを構築したいのかを指定します。


【「ダブルラインの設定」ダイアログ】


一番右のボタンは「ダブルラインの設定」です。(上図参照)

ダブルラインの幅、仮想線からのオフセット距離、
線と線の間に面を構成するのかなどを設定することができます。


ダブルラインの設定ダイアログは、パレットにあるダブルラインツールボタンを
ダブルクリックしても表示させることができます。

▼ベクターワークスの参考書籍・マニュアルをお探しの方はこちら


▼ベクターワークスの使い方を学びたい方はこちら(資料請求は無料です♪)



ベクターワークスの基礎から実践レベルまで習得できる
東京デザインプレックス研究所(CAD/3DCGデザイン)



サイトマップ