曲線

曲線

VectorWorksで曲線を入力するのは少しコツが必要となります。
何回も入力しながら入力方法を会得しましょう。


まず、パレットの中にある「曲線」を選択します。
画面左上に5つのボタンが表示されます。

  • 「頂点指定による曲線」
  • 「ベジェポイントによる曲線」
  • 「キュービックスプラインポイントによる曲線」
  • 「円弧指定による曲線」
  • 「フィレットの指定」

それぞれの違いは前述のように慣れていくのが一番ですが、
大きく分けて、下記の3つがあります。

  • 「指定した3点に内接する曲線」
  • 「指定した3点を通過する曲線」
  • 「指定した半径で折れ曲がっていく曲線」

希望する曲線に近づけるには、入力した曲線を修正していくのが早いです。


入力した曲線の修正

パレットの中の2D変形または入力した曲線をダブルクリックすると、
曲線上とその廻りにポイントが表示されます。

それらはベジェポイントと中心ポイント、端点の三種類です。


ベジェポイントは曲線の廻りにあるポイント、中心ポイントは曲線上にあるポイント、
端点ポイントは、曲線の始点と終点にあります。


修正には、まず通過してもらいたいところに、
中心ポイントと端点ポイントを移動させていきます。

次にベジェポイントを操作するわけですが、
1つの中心ポイントに対して2つのベジェポイントがあります。


中心ポイントを中心としてベジェポイントをその円弧方向に操作すると、
その曲線の角度を修正できます。

中心ポイントを中心とした半径方向にベジェポイントを操作すると、
その曲線のふくらみを修正することができます。


また、画面左上のボタンで頂点を追加したり、削除したりもできます。

▼ベクターワークスの参考書籍・マニュアルをお探しの方はこちら


▼ベクターワークスの使い方を学びたい方はこちら(資料請求は無料です♪)



ベクターワークスの基礎から実践レベルまで習得できる
東京デザインプレックス研究所(CAD/3DCGデザイン)



サイトマップ