オフセット

オフセット

平面図を作図する際、階段を入力したり、壁から一定の平行線を入力したり、
あるいは一定間隔の同心円を入力したりする場合に操作するのがオフセットです。

オフセットは、他にも基準線を作図する際などにも使います。


オフセットの操作方法

Vector Worksで、オフセットはパレットの中のオフセットツールを選択します。

基本的な手順は・・・

  1. オフセットしたい図形を選択する
  2. オフセットツールを選択する
  3. オフセット距離を指定する
  4. オフセットする側を指定する

上記でできますが、ほかにもオフセット方法を細かく設定することもできます。


オフセットツールをクリックすると、画面左上にモードボタンが表示されます。
数値入力モード」と「マウスドラッグモード」です。


【「オフセットの設定」ダイアログ】


これらは数値入力でオフセット距離を指定するか、
マウスのドラッグでオフセット距離を指定するかの違いがあります。


次に、「複製とオフセットモード」「元図形のオフセットモード」ボタンです。

これらは、オフセットするのは元図形なのか、その複製図形なのか?の違いです。
希望のほうをクリックします。


クリックでオフセット図形を指定モード」、「選択図形をオフセットモード」は、
オフセットする図形を指定する方法を選びます。


最後に「オフセットの設定...」です。

表示されたダイアログではモードボタンで選択できる内容が一覧で表示されます。


曲線のオフセット

オフセットは曲線にも適用できます。

公園などにあるS字状カーブの園路を入力するような場合、
その中心線を曲線で入力した後、中心からそれぞれにオフセットラインを指定すると、
簡単にその入力が行えます。

▼ベクターワークスの参考書籍・マニュアルをお探しの方はこちら


▼ベクターワークスの使い方を学びたい方はこちら(資料請求は無料です♪)



ベクターワークスの基礎から実践レベルまで習得できる
東京デザインプレックス研究所(CAD/3DCGデザイン)



サイトマップ