ハッチ

ハッチ

面情報を持った図形では、面の色を指定したりハッチを指定したりできます。

VectorWorksにおいて、ハッチを指定するには、面情報を持つ図形を選択して
属性パレットにある「面に割り当てる属性の種類を指定するボタン」でハッチを選択します。


【「属性パレット」】


なお、属性パレットの中にはハッチに似た模様というもので、
図形にハッチをかけられるものもあります。

簡易的なハッチで構わないのであればこれを利用してもよいでしょう。


ハッチングの変更と編集

ハッチングの変更は、属性パレットのハッチングリストより選択します。

加工」メニューの「ハッチング...」又は属性パレットハッチングリスト最下部にある
ハッチング...」というところを選択するとハッチングの編集や追加ができます。


ハッチング...」を選択すると「ハッチング選択」ダイアログが表示されます。


【「ハッチング選択」ダイアログ】


編集を行いたい場合は、まず、編集したいハッチング名を選択します。
ハッチング編集」ダイアログが表示されますので、必要な編集を行って下さい。


【「ハッチング編集」ダイアログ】


ここでは、縮尺に対応させたり、面の色を指定したり、線の太さを指定することができます。


レベルについての概念

先ほどのハッチング画面の中でレベルという項目がありますが、
レベルと言うのは、レイヤのようなものを指しています。


ハッチングの構成は、線の種類(直線または破線)とその間隔でできています。

例えば、マス目状のハッチングの場合、
水平方向のレベルと垂直方向のレベルの2つのレベルで構成されています。

斜線だけのハッチングであれば、
線の間隔だけで構成されていますのでレベルは1つという事になります。

▼ベクターワークスの参考書籍・マニュアルをお探しの方はこちら


▼ベクターワークスの使い方を学びたい方はこちら(資料請求は無料です♪)



ベクターワークスの基礎から実践レベルまで習得できる
東京デザインプレックス研究所(CAD/3DCGデザイン)



サイトマップ