ズーム

ズーム

VectorWorksで画面を拡大縮小したい時や、部分的に拡大したい時、
用紙全体を把握したい時などに使用するのが、ズームの機能です。

ズームの方法にはいくつかありますので説明します。


ズームの使い方

ビュー」メニューの中「ズーム」という項目の中には、下記の項目があります。

  • 「原寸で見る」
  • 「用紙全体を見る」
  • 「図形全体を見る」

原寸で見る」は原寸で画面に表示されるので、
出力したときのサイズ感を把握したいときなどに使用します。

用紙全体を見る」は用紙全体を画面いっぱいに表示します。

図形全体を見る」は選択した図形があるときは、その図形全体を表示し、
何も選択していないときは入力されている図形すべてが表示されます。


作業に便利な拡大ツール

作図中は画面を拡大したり縮小したりしながら作業を進めるわけですが、
作業中に便利なのは拡大ツールです。

拡大ツールでは囲んだ部分を拡大する「矩形モード」という方法と、
クリックしたままマウスを上下に動かすことでダイレクトに拡大縮小を行える
「ズームモード」の2種類の方法がありますので、作業の内容によって使い分けましょう。


モードの切り替えは画面左上のボタンで切り替えます。


【「矩形モード」と「ズームモード」】


なお、用紙の範囲外へ何らかの操作ミス(移動などの数値入力で桁を誤って入力した場合など)で、図形が移動されているときなどは、図形を見失うこともあります。

このような時は、すべて選択「commandキー+A」して「図形全体を見る」をすると、
見失った図形が用紙範囲からはずれているのを見つけ出すことができます。

また、そのような時は、全てのレイヤを表示させておくと見つけ易くなります。

▼ベクターワークスの参考書籍・マニュアルをお探しの方はこちら


▼ベクターワークスの使い方を学びたい方はこちら(資料請求は無料です♪)



ベクターワークスの基礎から実践レベルまで習得できる
東京デザインプレックス研究所(CAD/3DCGデザイン)



サイトマップ