画像貼り付け

画像貼り付け

ここでは、VectorWorksでの画像を貼付ける方法を説明します。

  • コピーアンドペーストによる貼付ける方法
  • 取り込みによって貼付ける方法

この二つの方法を説明します。


コピーアンドペーストによる貼付け方法

VectorWorksで貼付けられる画像の種類は、jpgなどいくつかあります。
貼付けたい画像を画像閲覧ソフト等で表示させ、貼付けたい部分を選択してコピーします。

ベクターワークスを開き、ペーストすると貼付けが完了します。

これらの操作は、図形のコピーと同じでよく使う項目なので、
ショートカットキーを覚えておきましょう。

  • コピーのショートカットキーは「commandキー+C」
  • ペーストのショートカットキーは「commandキー+V」

取り込みによって貼付ける方法

取り込みによって貼付ける場合は、「ファイル」メニューの中の
取り込む」を選択し、「イメージファイル...」を選択します。

取り込めるファイルが表示されますので、
取り込みたい画像ファイルを選択すると貼付けることができます。


データによっては、図面に対してとても大きく貼り込まれる場合があります。

この場合、「ビュー」メニューの「ズーム」内の「図形全体を見る」を選択し、
貼り込まれた画像を図面に合うように小さくするか、
元画像のデータを小さくしてから取り込むようにしましょう。

プリントアウトするのに必要な解像度は150dpi-300dpiが目安です。


貼付けた画像は図形データとして、他の図形と同様に操作することができます。

貼付けた画像に文字を入力したい場合などは、
その画像の前後関係に気をつけて文字や図形を入力しましょう。

画像データは基本的には面を持っていますので、
画像データの下にある図形や文字は表示されません。

加工」メニュー内の「前後関係」を使って表示されるように入力していきましょう。


また、画像は図面に貼付けられるため、元データとリンクはしていません。
画像を編集したら再度図面に貼り込んでください。

▼ベクターワークスの参考書籍・マニュアルをお探しの方はこちら


▼通信講座でCADを学びたい方はこちら



★ベクターワークスの使い方を学べる通信講座の一覧を見る



サイトマップ