文字入力

文字入力

ベクターワークスで文字の入力は、文字ツールを使います。

文字ツールを選択した後、入力したい位置をクリックします。
カーソルが表示されますので、文字の入力をキーボードを使って行います。
改行はリターンキーで入力します。


文章の幅を変更できる入力(ラップテキスト)を行いたい場合は、
文字ツールを選択した後、クリックアンドドラッグで文字を入力したい領域を指定します。

文章の入力は文字入力と同様にキーボードで行います。
指定の幅まで文字が入力されると折り返されてその続きを入力していくことができます。

フォント、サイズ、スタイル及び位置揃え、行間は「文字」メニューで指定します。


文章内の一部を指定することもできます。
その場合は、文章内の指定したい部分を選択してから指定を行います。


また、これら一連の指定をまとめて行うこともできます。

文字」メニュー内の「文字設定...」を選択すると
下記のように「文字設定」ダイアログが表示されます。


【「文字設定」ダイアログ】


この「文字設定」ダイアログで指定したい内容を入力すればOKです。


文字のアウトライン化

ベクターワークスで文字のアウトライン化を行うには、
文字」メニュー内の「TrueTypeを多角形に変換」を選択します。


なお、文字の修正は入力後でも可能ですが、図面のあちこちに入力した文字を
一括で修正していくのは手間のかかることが多いです。

そのため、入力する文字のフォントやサイズをあらかじめ決めてから入力し、
必要な部分をあとで修正するという作業工程の方が効率的です。


あらかじめ文字のフォントやサイズを設定するには、
コマンドを何も指定していない状態にし、図形等も何も選択していない状態にします。
その状態で「文字」メニューでフォントやサイズを指定します。

これで、次の作業から指定した文字で入力ができるようになります。

▼ベクターワークスの参考書籍・マニュアルをお探しの方はこちら


▼ベクターワークスの使い方を学びたい方はこちら(資料請求は無料です♪)



ベクターワークスの基礎から実践レベルまで習得できる
東京デザインプレックス研究所(CAD/3DCGデザイン)



サイトマップ