移動

移動

ベクターワークスで図形の移動を行うには、マウスクリックで行うのが基本になります。
移動させたい図形をクリックアンドドロップで移動させます。

複数の図形を移動させたい場合は、移動させたい図形を選択した後
クリックアンドドロップで移動を行います。


数値入力による移動の方法もあります。

数値入力よる場合は、移動させたい図形を選択後、
加工」メニューの「移動」の「移動...」を選びます。

図形を移動」ダイアログが表示されますので、移動させたい数値を入力します。


【「図形を移動」ダイアログ】


XY座標系では移動距離をXY座標で指定して移動を行います。
極座標系では、移動距離を移動距離と角度を指定して移動を行います。

ショートカットキーもよく使うので覚えておきましょう。
移動のショートカットキーは「command+M」です。


データパレットを使った移動

ベクターワークスでは、データパレットを使って移動を行うこともできます。

移動させたい図形を選択して、データパレットに表示された
XY座標の位置に移動距離を入力します。


例えば100mmX方向に移動させたいのであれば、
表示されているX座標の数値の後ろに「+100」と入力します。

そのほか、移動したい位置のX座標を入力しても移動する事が可能です。

レイヤ間の図形の移動

最後に、ベクターワークスのレイヤ間の図形の移動について説明します。


移動させたい図形を選択後、データパレットのレイヤを移動したいレイヤに変更します。
レイヤごとに縮尺が異なっていると移動した先のレイヤの縮尺に準じます。

レイヤ間で縮尺が異なってもXY座標の原点は同位置になりますので、
それを目安にするとよいでしょう。

▼ベクターワークスの参考書籍・マニュアルをお探しの方はこちら


▼ベクターワークスの使い方を学びたい方はこちら(資料請求は無料です♪)



ベクターワークスの基礎から実践レベルまで習得できる
東京デザインプレックス研究所(CAD/3DCGデザイン)



サイトマップ