変形

変形

図形を変形する方法は、図形ごとに異なりますが、
基本的には端点をマウスで選択し、クリックアンドドラッグで行います。


【直線】

変形したい直線を選択し、端点ポイントをつかみ任意の形状に変形させます。

直線を延長または短縮させたい場合は、
キーボードの「shift」を押したまま端点ポイントをつかんで変形させます。


【四角形】

直線と同じように変形したい四角形を選択し、
端点ポイントをつかみ任意の形状に変形させます。

X方向だけあるいはY方向にだけ伸縮させたい場合は、
中心点ポイントをつかんで変形させます。


【多角形】

拡大縮小であれば、多角形を選択したあと、四角形と同じ要領で変形します。

多角形の任意の点を移動させる変形の方法は、
変形したい多角形をダブルクリックします。


【多角形をダブルクリックした状態。全ての線に端点ポイントと中心点ポイントが表示される。】


ダブルクリックすると多角形を構成している線の全てに、
端点ポイントと中心点ポイントが表示されます。移動したい点をつかみ変形をします。


2D変形ツールを使った変形の方法

点を移動して変形するのではなく、
幾つかの線を移動して変形させたい場合は2D変形ツールを使います。

変形させたい部分を囲みます。囲んでいる範囲が点線で表示されますので、
その範囲を移動させることで変形を行うことができます。


この変形方法の応用で、数値入力で変形を行うこともできます。
手順が複雑ですが覚えてしまえば簡単です。


まず、変形させたい図形を選択し、2D変形ツールボタンを押します。
そして、変形したい範囲を囲みます。

その範囲をつかんだまま、キーボードの「tab」キーを押します。
画面上部のΔXの部分が入力状態になるので変形したい数値を入力します。

入力したらキーボードの「return」キーを押します。


次にΔYも同様の方法で入力し「return」キーを押します。
クリックしたままのマウスを離します。


これで数値入力の変形を行うことができます。

▼ベクターワークスの参考書籍・マニュアルをお探しの方はこちら


▼ベクターワークスの使い方を学びたい方はこちら(資料請求は無料です♪)



ベクターワークスの基礎から実践レベルまで習得できる
東京デザインプレックス研究所(CAD/3DCGデザイン)



サイトマップ