数値入力

数値入力

数値入力は、各ツールボタンをダブルクリックすることで、入力することができます。
表示されたダイアログ内のボックスに、数値を入力して図形を作成します。


数値入力ダイアログの基本的な操作方法

ΔX及びΔYに入力する数値で図形の大きさを決めます。
X及びYは図形を配置する位置です。XY座標上の位置を示しています。

既に入力されている図形などにスナップさせて配置したい場合は、
マウスクリックで位置決めをチェックします。


では、以下に、それぞれのコマンドでの数値入力のやり方を解説します。

【直線の数値入力】

角度のある直線を入力する場合は、左側のボタンで数値ボックスを切り替えて行います。
Lが長さ、Aが角度です。


【直線の「生成」ダイアログ】


【四角形の数値入力】

配置する四角形の基準点を設定します。


【四角形の「生成」ダイアログ】


【円の数値入力】

円弧角で作成する円の角度を決めます。


【円の「生成」ダイアログ】


【多角形/曲線の数値入力】

多角形の入力は、1点づつ行います。
1点の入力が終わったら、点を追加していきます。


【多角形の「生成」ダイアログ】


【数値入力による図形の加工】

「ウインドウ」メニュー内の「パレット」の「データパレット」を選択し、
データパレットを表示させます。

データパレット上部にある「形状」タブをクリックします。
ここには、選択した図形のデータが表示されます。

一度入力した図形の加工を数値入力で行う場合は、
下記のデータパレットから行います。


【「データパレット」】


入力方法は図形作成の数値入力と同じです。

▼ベクターワークスの参考書籍・マニュアルをお探しの方はこちら


▼ベクターワークスの使い方を学びたい方はこちら(資料請求は無料です♪)



ベクターワークスの基礎から実践レベルまで習得できる
東京デザインプレックス研究所(CAD/3DCGデザイン)



サイトマップ