寸法

寸法

ベクターワークスの寸法入力の方法を説明します。まず、寸法ツールを使用します。
寸法ツールには2種類あり、縦横寸法と斜め寸法、また角度寸法、円寸法などがあります。

ツールバーに、寸法ツールが表示されていないときは、
ウインドウ」内の「パレット」「ツールセット」を選択し、
ツールセット内からツールを選択すればOKです。


寸法線の入力

寸法線を入力する方法としては、寸法ツールボタンをクリックした後、
寸法を入力したい任意の点をクリックします。

そして、別の任意の点をクリックする事で、寸法線が入ります。


なお、寸法線の種類は、「ファイル」メニュー内の
書類設定」の「画面/寸法/解像度...」で決定しておくことができます。

ここでは、下記の項目などを決めておけます。

  • 寸法値と寸法線との間隔
  • 矢印の種類
  • 矢印のサイズ

自分流にカスタマイズもできるので、好みの寸法線を作っておくとよいでしょう。


寸法のカスタマイズ

カスタマイズする方法ですが、「カスタマイズ...」ボタンを押すと、
下記のように「寸法のカスタマイズ」ダイアログが表示されます。


【「寸法のカスタマイズ」ダイアログ】


ここで「新規...」で寸法規格を作成し、表示された寸法規格を選択した後、
編集...」ボタンを押して設定していきます。


【「自動寸法の表示形式」ダイアログ】


なお、「カスタマイズ」ボタンを押した後に表示されるダイアログで「取り込み...」を選択すると、
違う図面で使用しているカスタマイズされた寸法線を取り込むこともできます。


線の太さや文字の大きさは、コマンド未選択状態で設定されている内容が反映されます。

寸法線を入力した後に、線の太さなどを変更したい場合は、
変更したい寸法線を選択し画面左下のパレットで変更したい太さに変更できます。

▼ベクターワークスの参考書籍・マニュアルをお探しの方はこちら


▼通信講座でCADを学びたい方はこちら



★ベクターワークスの使い方を学べる通信講座の一覧を見る



サイトマップ