その他の図形

その他の図形

ベクターワークスの正多角形、多角形、隅の丸い四角形の入力の方法について説明をします。


まず、正多角形は、正多角形ツールを使用します。
はじめに画面左上のボタンで正多角形の設定をします。


【「正多角形の設定」ダイアログ】


次に、始点を指示し、再クリックで決定します。

入力の仕方は、下記の3つがあります。

  • 中心と半径による円に内接する入力の方法
  • 外接する入力の方法
  • 一辺の長さを指定した入力の方法

入力したい正多角形により希望の入力方法を選択してください。

多角形

次に、多角形の入力方法を説明します。
多角形ツールを使用して入力を行います。

下記の3つの方法があります。

  • 任意の頂点をクリックして入力する方法
  • 境界線の内側をワンクリックして入力する方法
  • 外部境界を指定して入力する方法

正多角形の入力と同様、入力したい図形により希望の入力方法を選んでください。

任意の点をクリックしていく方法で、誤った点を指定した場合は、
キーボードの「delete」キーを押すことで、その点の指定を取り消すことができます。


丸い四角形

最後に隅の丸い四角形の入力方法を説明します。
丸い隅の形状は、下記の3種類あります。

  • 正対称な隅丸
  • 2辺の長さに比例した隅丸
  • 任意の隅丸

入力するには隅の丸い四角形ツールを使用します。


【「隅の丸い四角形の設定」ダイアログ】


任意の点を指定し、別の任意の点で再クリックすることで入力ができます。
隅の形状は画面左上のボタンで指定します。


【「生成」ダイアログ】


上記のように、ツールボタンをダブルクリックすることで数値入力することもできます。

▼ベクターワークスの参考書籍・マニュアルをお探しの方はこちら


▼ベクターワークスの使い方を学びたい方はこちら(資料請求は無料です♪)



ベクターワークスの基礎から実践レベルまで習得できる
東京デザインプレックス研究所(CAD/3DCGデザイン)



サイトマップ