ベクターワークスの使い方

サイトマップ

スナップ

ベクターワークスでCADを作図する際に、図形の端点や中点などにカーソルを合わせる機能をスナップと言いますが、その機能について解説します、また、延長線の機能についても解説します。
>>スナップの全文を読む

作業の取り消し

作業の取り消しは、編集メニューのコマンドからも操作できますが、ショートカットキーを活用した方が早く、commandキー+Zでできます。その他のVectorWorksのショートカットキーの一覧も示します。
>>作業の取り消しの全文を読む

反転

VectorWorksでCAD図形を反転させる方法を解説します。水平反転、垂直反転、ミラー反転それぞれについて解説します。また、選択しているものとされていないものを交換するコマンドである、「選択を反転」のコマンドについても開設します。
>>反転の全文を読む

回転

Vector Worksで、図形を回転する方法を解説します。マウスで指定する方法と回転角度を数値入力方法に2通りがあります。その他、90度回転も良く使いますが、こちらはショートカットキーを使うと便利です。
>>回転の全文を読む

ダブルライン

ベクターワークスのCADの操作でダブルラインを使った作図方法を解説します。ダブルラインの幅、仮想線からのオフセット距離、線と線の間に面を構成するのかなどを設定して作図します。
>>ダブルラインの全文を読む

曲線

VectorWorksでの曲線の入力方法を解説します。頂点指定による方法、ベジエポイントによる方法、キュービックスプラインポイントによる方法等5つの方法があります。
>>曲線の全文を読む

オフセット

Vector Worksでのオフセットの操作方法を解説します。直線や曲線、S字カーブなど、色々な曲線から一定の平行線を引いたり、同心円が描けます。
>>オフセットの全文を読む

シンボル登録

Vector Worksのシンボル登録について説明します。同じCADデータでの図形を複数入力したい時、シンボル登録して置いた方が便利です。また、これらのデータの編集や選択などを行うリソースブラウザについても説明します。
>>シンボル登録の全文を読む

ハッチ

VectorWorksでハッチを指定する方法の解説です。面情報を持つ図形を選択して、属性パレットからハッチを選択しましょう。この時、簡易に行うならば、模様のコマンドを使っても良いでしょう。レベルについての概念も解説します。
>>ハッチの全文を読む

ズーム

VectorWorksの操作画面を拡大縮小したりする機能「ズーム」の使い方を解説します。ズームのメニューには、「原寸で見る」と「用紙全体で見る」、「図形全体で見る」の3種類があります。
>>ズームの全文を読む

画像貼り付け

VectorWorksで画像を貼付ける方法を説明します。コピーアンドペーストによる方法、取り込みによって貼付ける方法の二つを解説します。
>>画像貼り付けの全文を読む

文字入力

ベクターワークスで文字の入力は、文字ツールを使います。文字のアウトライン化もできますが、その場合は「TrueTypeを多角形に変換」から行います。
>>文字入力の全文を読む

複製

ベクターワークスの複製コマンドの操作方法を解説。基本的に複製された図形は元の図形上に配置されるので、「環境設定」メニューから、ずれを伴う複製にチェックを入れておきましょう。
>>複製の全文を読む

移動

ベクターワークスで図形の移動のやり方を解説します。データパレットを使った移動やレイヤ間の図形の移動のやり方もご紹介します。
>>移動の全文を読む

変形

VectorWorksでの図形を変形する方法を解説します。2D変形ツールを使っての数値入力で変形させる方法も解説します。
>>変形の全文を読む

図形の位置

VectorWorksで図形の位置は、データパレットで確認できます。XY座標で示されています。また、図形には前後関係もありますので、注意しましょう。
>>図形の位置の全文を読む

図形の加工

VectorWorksの図形の加工の仕方について。ここでは、拡大縮小や伸縮のやり方を解説します。アクティブポイントをマウスで掴むなどの操作でできます。
>>図形の加工の全文を読む

数値入力

数値入力ダイアログの基本的な操作方法を解説します。ΔX及びΔYに入力する数値で図形の大きさを決め、X及びYで図形を配置する位置を決めます。
>>数値入力の全文を読む

寸法

ベクターワークスの寸法入力の方法を説明します。寸法ツールには縦横、斜めの寸法のほか、角度・円の寸法を測るツールの2種類があります。
>>寸法の全文を読む

図形の消去

VectorWorksで入力した図形を消去する方法を解説します。クラスやレイヤ、シンボル、レコードフォーマットなどの情報の消去もできます。なお、消去する図形を選択する際は、図形選択マクロを利用すると便利です。
>>図形の消去の全文を読む

その他の図形

ベクターワークスの正多角形、多角形、隅の丸い四角形の入力の方法について、それぞれ説明します。
>>その他の図形の全文を読む

矩形

面をもった矩形を四角形ツールを用いて作成する方法をご紹介します。また、面を持った矩形を利用して図形を隠す方法や、属性パレットを用いての面の削除法、分解や合成などの加工の仕方なども解説。
>>矩形 の全文を読む

円弧

ベクターワークスの円弧ツールの使い方を解説します。入力方法には6種類のモードがあり、それぞれの方法について説明します。また、数値入力をする場合のやり方についても解説。
>>円弧の全文を読む

ベクターワークスで、円の作図の仕方について説明します。長円ツールを使えば、楕円と正円も入力できます。
>>円の全文を読む

ベクターワークスの直線と曲線の入力方法について説明します。スナップ機能を使うと、図形の端点や中心点から線を入力することもできます。その他、ダブルライン入力とフリーハンド入力についても解説。
>>線の全文を読む