ベクターワークス(VectorWorks)使い方講座

サイトマップ

★ベクターワークスの使い方を学べる通信講座の一覧を見る


ベクターワークスの使い方の解説サイトにようこそ!

ベクターワークスは、エーアンドエー株式会社が販売しているキャドソフトです。

ベクターワークス使い方講座』ではそんなVectorWorksを、初心者の方でも簡単に扱えるように、画像付きでその使い方を説明しております。基本操作の練習用のマニュアルとして、また、CAD全般の使用方法の解説書として当サイトをご利用頂ければと思います。



また、上級者向けにも、PDF変換やDXF変換などのデータ変換のやり方や面積求積の仕方なども解説もしていますので、どうかご参考頂ければと思います。


はじめに

ベクターワークスは、建築設備や土木系の他、製造機械の分野などでも使われており、AUTOCAD(オートキャド)やJWCAD(ジェイダブルキャド)には及びませんが、CAD業界では比較的シェアの高い二次元汎用CADソフトです。(3Dもあります)


販売価格の方は、最新の2008のバージョンで20-30万円ほどしますので、決して安いソフトとは言えませんが、その分、CAD自体の性能は、非常にデザイン性・操作性に優れたものになっています。

また、拡張性の面でも、フリーのプラグイン(plug in )素材や拡張ツール集を使う事ができるなど、図面データの編集・加工などの自由度も高いので、使い慣れれば簡単にオリジナルの作品や素材を作成する事が出来るようになるでしょう。

仕事面でも、「Vectorworks操作技能保持者認定試験」資格取得者やVectorWorksの経験者ならば、一般企業での求人募集案内やSOHOでのstaff募集の依頼も多いので、CADオペレーターとして就職・転職にも有利になると思います。

そんなベクターワークスですが、是非あなたも使いこなして見てください^^

VectorWorksの体験版について

最新のバージョンのベクターワークスの無料体験版(デモ版)は、製品販売元である株式会社A&Aのサイトから申込みができるようになっています。

WindowsXP,vista及びmacでも動作可能ですので、CADの操作性や使用感を確かめたい方は、まずはデモ版の申請をしてみると良いかも知れません。

デモ版のバージョンはVectorWorks Designer with RenderWorks 2008Jになっています。


ベクターワークスの通信講座はこちら(資料請求は無料です)

ベクターワークスが学べる講座の一覧です。効率的に学びたい方は、下記をご参考下さい。

★ベクターワークスの使い方を学べる通信講座の一覧を見る